2019-06-12 00:00:11 | CharlieX

▶ Japanese▶ English

モバイル版のトリグラフをリリースして、恥ずかしながら人生で初めて自分のつくったゲームで生活していけるという長年の夢を叶えることができている。この先どうなるのかはまったくわからないけど、ひとときでも夢が実現できて今は幸せだ。

これまではずっと他の仕事や借金を抱えながら合間にゲームをつくってきた。金銭的にはまったくうまく行ってなかったけど、中にはうちのゲームを気に入ってくれる人たちがいて、いろいろ助けてもらってきた。今回は彼らについて書きたい。
Web版トリグラフのエンジンを買って設置してくれた個人ゲームサイトや、寄付代わりに絵を依頼してきてくれた人、嫁がプロの翻訳者だと紹介してくれた友人、100時間を超えるテストプレイを繰り返してくれた友人、未だにひどいけど過去もっと作者の英語力がひどかったときにローカライズを手伝ってくれた台湾系カナダ人、まだネット送金システムがなかった頃にユーロ紙幣を直接送ってきてアイテム倉庫を買いたいと言ってきたフランス人、ゲーム内に書かれた漢字をすべて解析して送ってきたドイツ人、トリグラフという実在する山つながりでメールを送ってきて最終的に音楽をつくってくれたプロミュージシャンのスロベニア人、びっくりするくらいの寄付をしてくれた日本人、うちの小さな達成のたびにともに喜んでくれた畑違いのスペシャリストの友人たち、そして数多くのファンサイトやフォーラムをつくってくれた人たち。

モバイル版の開発中には、ストアページやゲーム内に多数の言語が必要になった。そのときも多くの人たちに助けてもらった。
Web版の頃からフランス人のファンが運営していたDiscordのチャンネルを間借りさせてもらい、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ポーランド語、ロシア語、ドイツ語、中国語の翻訳をそれぞれの国のプレイヤーたちにお願いした。何人かがTwitter上でトリグラフが翻訳者を募集しているぞと拡散してくれ、ポーランド語はそれを見ての飛び入り参加だった。彼はこのゲームのことはまったく知らず、同じインディゲーム開発仲間の力になれるならと助けてくれた。

中国語の翻訳については、日本語版同様アイテム名などもすべて翻訳する必要があった。ものすごい量な上、漢字で訳が存在しないオリジナルの単語や世界観に関わる言葉に関しては、ゲームを深く理解した上で言葉自体をつくる必要があった。
これにひとりの台湾人のプレイヤーが協力を申し出てくれた。同言語のプレイヤーたちにアンケート調査をし、単語の出典に当たり、ひとつひとつ翻訳を仕上げてもらった。一つの単語の訳に3日かけることもあった。作業中は毎日特定の言葉の由来や根拠について問われ続けた。合間に漢字文化についてもずいぶん勉強させてもらい、最近は作者もゲームに追加された新しい言葉の翻訳にカタカナを使わず、できるだけ日本語名を考えるようにしている。

こうしてようやくモバイル版のトリグラフを公開することができた。
さてゲームは完成したものの、16年も前の無名のインディゲームをどうやって世間に知らせていこうか、と途方に暮れていたとき、いち早く大手ゲームサイトやインフルエンサーたちが紹介してくれた。名作Webゲームだとか昔よく遊んでいたと評されていた。それを見て、かつて遊んでくれていた人たちの思い出としてこのゲームが記憶されていることに気づいた。長いことやってきて本当によかったと思えた瞬間だった。

この2019年6月12日で、トリグラフはオリジナル版公開から17年目の記念日を迎える。
あらためてゲームづくりを続けてきて得た最も大切ものは、作品を気に入って支えてくれる人たちだと思う。今は一番多くの人たちに支えられており、おかげでこうしてゲームをつくることができている。
新しい人も、昔からの人も、どうもありがとう。これからもどしどし 課金 応援してね♥

I achieved my long time dream - living by developing game - through Triglav on mobile for the first time ever in my life. Not sure how is it going in the future with it though, have a happy feeling at least right now.

I was really poor and had another job for living, but I could meet to really nice people. The history of Triglav means how met to the people who supported this game and me. Well, this time I would like to write about them.
People who bought our game engine and put it on their websites. A guy who offered me to draw a picture as his donation. A friend who introduced me his wife who is a professional translator. A friend who played too much alpha testing. A Taiwanese Canadian guy who helped to translation my badly English. A French guy who sent me some of Euro bills by real mail as the fee of his storage slots. A German guy who sent me his lots of translated results of the words that written by kanji characters in the game. A Slovenian musician who told about a mountain called Triglav in his country. Eventually he composed a couple of music for our game. Some guys who gave a lot of donation. Some guys who made the game fan sites.
All the people made me a power and a motivation to keep continue.

At the work in progress on the mobile version, I had to put the game description for multiple languages.
A French friend told me to join his Triglav Discord channel and you can looking for translators there. It was true, I could get a lot of translations for multiple languages. Some guys retweeted about the game translation and a Polish guy came there to helped the translation. Never knew this game but he's an indie game developer and said I'm happy to helping out the buddy.

As for the Chinese translation, it's a little bit different than others. They have to have all words as Chinese characters and it needs to create a word if it has no example or has an original root from the game. The translator should have whole knowledge and experience about that target for good translation.
A Taiwanese guy is doing this hard work even now. He asked which method you prefer to Chinese players on the forum, searched around the source of each word, asked me thousand times for the meaning of words, doing strict and great work. Recently, I'm trying to use more kanji characters instead of katakana when I translate a word to Japanese because of his influence.

August 2018, published Triglav for mobile.
Still had no idea how to tell about this old game to the people. But some internet influencers and game sites announced for this game instead of me. They said it's one of my all time best or I played very well for a long time ago. I noticed now this outdated game turned into a memorable thing on the former players. I felt that they're saying welcome back, Triglav.

On this June 12, Triglav passes the 17th anniversary since launched.
It had many things. Sometimes I felt that I wasted a lot of times to making games, but now I know it can have a lot of friends, supporters, fans, and the people who prefer our games. I can say this was the best thing to got by developing game.
Well, thanks for reading my bad English. I wanted to write this by myself. And thank you so much for all new and former players, once and future.
 

Any Comment?

1493 Posts | Page 1/249
awesome
良いものは良い、と世界中の人がきちんと評価をしてくれるという現実、泥臭い話ではあるけれども目頭が熱くなりますね。
asd8948
おめでたいです。
これからも応援(課金)させていただきます。
SmokymonkeyS
@popcorn ええですね、ゴブリンの手ぬぐい。技術があれば自分でつくってみたい。
popcorn
キャラクター達が載った手ぬぐいかTシャツ欲しいです。ゲームの中で買えるといいです。
帽子のあるゴブリン好き・・・♡
SmokymonkeyS
Currently suspended for focusing to Triglav. I'm not sure where it goes in the future so far.
Lanpha
Any info about Modoki? I am very much looking forward to this game.

About   

SmokymonkeySとは、2名のアマチュアによって結成されたユニットです。 ゲームやその他作品を無所属で個人開発しています。
2002年 WebゲームTRIGLAVを公開。 現在も稼動中で総勢50万アカウントを超える長寿ゲーム。
2015年 3DアクションRPG Ninelivesを公開。現在開発休止中。
2017年 プロジェクト「Modoki」開始。
2018年 モバイル版 TRIGLAVリリース。

SmokymonkeyS is a two-man indie team by a programmer and a graphic designer, formed for creating games.
Our 1st game TRIGLAV, a web RPG that has been made with JavaScript has made over half a million accounts since it launched 2002.
On 2015, our 2nd game Ninelives suspended the development at Alpha stage.
On 2017, started to launch the new project called Modoki.
On 2018, Triglav for Mobile releasing.