2024-03-25 00:04:55 | SmokymonkeyS

▶ Japanese▶ English

SmokymonkeySが作場知生氏と出会ったきっかけは、数十年前にこのサイト上でガラージュを紹介したことでした。
ある日突然電話がかかってきて「うちこない?」と言われて驚いたものです。その後は、酒を呑んだりゲームの相談をしたり自転車で遊んだりイカれた話を延々と話す友人のような関係が続き、まさか一緒にプロジェクトを始めることになるとは思ってもいませんでした。
ところが数年前、YouTuberの配信などによってガラージュに注目が集まったことがありました。そのとき作場氏が、この「すでに失われたゲーム」についてもっと知ってほしいと連日熱心に活動しているのを見て、ガラージュをもう一度なんとか甦らせることはできんのかな、とわたしが思ったのが今回のリマスターのきっかけとなりました。

オリジナル版のガラージュは諸事情からごく少数しか市場に流通しなかったため、現在もネットショップやオークションなどで当時のCD-ROMが一枚数十万円といった値段で取引されています。これらから作場氏には何も還元されない上、パッケージの開封もされずプレイもされないまま単なる「希少品」として取り引きされている状況を、個人的にずっと好ましく思っていませんでした。ゲームとは多くの人に遊んでもらってなんぼの作品です。高価な値札が貼られ、だれもプレイできないゲームの体裁をした何かになど価値はありません。そういうわけでだれもが遊べるプラットフォームへの移植をまず考え始めました。

移植は当初、作場氏自身が「無理でしょ」と言っていたとおり楽な道のりではありませんでした。
これまでにいくつかのゲーム開発会社からガラージュ移植のオファーがきていても実現しなかったのには理由があります。このゲームを開発していたころの開発チームやスタッフはすでに散開しており、作場氏が所有するマスターデータ以外のもの ― 3Dキャラクターや背景、動画、ソースコードなどのデータはすべて入手不可能となってしまっていました。
SmokymonkeySの最初の仕事は、これら失われたデータを現存するオリジナルのCD-ROMなどからどのくらい取り出せるかの検証からはじまりました。さいわいにも最も懸念していた動画のデータをそこから取得することができたので、あとは何とかなるやろ、とみんなで集まって正式にプロジェクト開始の祝杯を挙げました。ちょうど国内でコロナが蔓延しはじめる直前のころです。

リマスターに際して作場氏からひとつの条件が出されました。それはガラージュの物語をオリジナルのまま完結させずに続きのパートを追加したいということでした。これが叶わないならリマスターは出したくないと。
オリジナルのガラージュはいろいろな制限から作場氏がゲーム内に盛り込みたかったものをすべて入れることはできなかった。しかし少なくとも物語に関しては本来あるべきかたちをつくってきちんと終わらせたい、というのが彼の強い要望でした。

移植にあたっては、まずガラージュのオリジナル版CD-ROMをひっぱり出してきて最初からプレイし直す必要がありました。ゲームのソースコードがすでに失われているため、このゲームがどうつくられているのかはもう外側からしか知ることができません。つまり音楽における「耳コピ」と同じように何度も何度もオリジナル版のプレイを繰り返すことで、どうやってそれが組まれているのかを知り、どうやって移植するのか、あるいは変えたほうがよいのかをまとめながら一からこのゲームをつくり直しました。

こうして三人が丸二年をかけたのち、ガラージュリマスター版もとい「完全版」は生まれました。
結果的にSmokymonkeySと作場氏とのはじめての共同作業は割と上手く行ったんじゃないかと思っています。酒さえ呑ませておけば 気兼ねせずにおたがいの意見を言い合える環境が長年の付き合いですでにできあがっていたことが大きな理由でしょう。これがもし作者対ゲーム開発会社という関係だとなかなかここまで主張をぶつけ合ったり共に考えたりはできなかったのではと思います。
ともあれ、ガラージュという作品はすべて作場氏がつくり上げたものです。SmokymonkeySは今回、すでに確固たるものとしてそこに在ったそれを再び世に出すための小さな手伝いをしたにすぎません。この仕事にかかわれたことを心から幸せに思っています。

ガラージュ25周年記念に寄せて。

I wrote a small article about the Garage on this website several decade ago, which created an opportunity for SmokymonkeyS and Sakuba Tomomi to meet. I was surprised when he called me one day and told to come visit his house.
After that, we kept to have a strange relationship, like friends or not, and I never really thought that we would start a project together like this.
However, a Japanese YouTuber attracted a lot of attention when he played Garage a few years ago, and then, when I saw Sakuba working to make more people aware of the "already lost game" Garage, wondered if I could somehow revive it, which led to this remastering project.

For various reasons, only a very small number of the original version of Garage were distributed in only Japanese market, and the CD-ROM is still sold for expensive price in the net auction, etc. I have never liked the situation where the sale is not returned to Sakuba at all, and is traded as a "rarity" without the package being opened or played.
Game is a work that needs to be played by people, and a stuff with an expensive price tag that no one can play has no value. That's why I started thinking about porting Garage to platforms where anyone can play it.

The road to porting was not an easy one, as Sakuba himself said at the beginning, "It would be impossible."
There is a reason why Sakuba had received offers from several game development companies to port Garage, but it never came to fruition. The original development team and staff had already disbanded, and everything other than the master data of the game owned by Sakuba - every 3D models, movies, the source code, etc. - were no longer available.
SmokymonkeyS' first task was to determine how much of this lost data could be salvaged from the original CD-ROM and other sources that were still in existence. Fortunately, we were able to retrieve the movie data that most concerned about, and we decided to officially begin the project. This was just before the Covid 19 epidemic began to spread in Japan.

When the remastering, Sakuba gave one condition. He wanted to add a continuation part to the story without completing the original story. He said if this could not be achieved, he does not want to remake it.
Due to various limitations on the original Garage, it was not possible to include everything that Sakuba wanted to include in the game. He wanted to at least finish the story the way it should have been finished.

The first thing SmokymonkeyS did was to bring the original Garage CD-ROM and play it from the beginning. Since the source code for the game had already been lost, the only way to know how the game was made was from the outside. In other words, just like "ear copy" in music, I had to play the original version over and over again to learn how it was made, and how it should be changed, then rebuilt the game from scratch.

After two full years of work by three, the "complete version" was born.
As the result, I believe that the first collaboration between SmokymonkeyS and Sakuba went well.
I think the main reason for this is that we had already made a relationship over the years where we could express our opinions to each other without hesitation, as long as I let him drink alcohol. If the relationship were between an author and a game development company, it would have been difficult to made such an environment.
Anyway, all of Garage's works were created by Sakuba. We SmokymonkeyS was just a little help in bringing Garage back into the world. I am honored to be involved in this work.

On the occasion of the 25th anniversary of Garage: Bad Dream Adventure.
 

About   

SmokymonkeySとは、2名からなるインディチームです。 ゲームやその他作品を無所属で個人開発しています。
2002年 WebゲームTRIGLAVを公開。総勢50万アカウントを超える長寿ゲーム。
2015年 3DアクションRPG Ninelivesを開発。現在休止中。
2018年 TRIGLAV モバイル版をリリース。70万ダウンロード達成。
2021年 作場知生氏と共同開発したガラージュ 完全版をリリース。

SmokymonkeyS is a two-man indie team by a programmer and a graphic designer, formed for creating games.
Our 1st game TRIGLAV, a web RPG that has been made with JavaScript has passed over half a million accounts since launched 2002.
2015, Ninelives suspended the development after the alpha phase.
2018, released Triglav for Mobile. Reached 700 thousand download.
2021, released Garage: Bad Dream Adventure. Developed with Sakuba Tomomi.

 

Any Comment?

1574 Posts | Page 1/263
Alex
Please release Ninelives!
チペタン
ナインライブスの再開、何十年でも待ちまする。日本製のゲームだし、この独特の世界感が今も大好き!
jos
come back to work at ninelives
SmokymonkeyS
Send an email to me. The address is top-right of this website.
Yuli
Excellent triglav game, but o haven't received a purchase of beetles, what can i do?
Ricado Smith
Maybe you can do a fundraising for continue development of Ninelives